飲むだけで痩せる!?トマトジュースダイエット5日間チャレンジ!

トマトジュースでダイエットに挑戦!飲むだけで痩せる!?

今回はトマトジュースダイエットに挑戦!

身近にある食べ物や飲み物で、ダイエット効果があると言われているものは多いです。トマトジュースを飲むだけで痩せられるという噂を聞きつけ、レッツチャレンジ!

置き換えもしなくていいというお手軽ダイエットとはどんなやり方なのか?実際に痩せるのか?痩せる理由は何なのか?

実際に5日間チャレンジしたダイエット結果と合わせてご紹介します!

5日間トマトジュースダイエットをやった結果

トマトジュースダイエット5日間の結果、体重-1kg、体脂肪-1%!

5日間で-1kg!

体脂肪も減っていてちょっと驚きました。今回はショートケーキを3カットも食べていたので、絶対増えると思っていたので…びっくり。

置き換えナシでこの効果は大満足です!

ここにさらに置き換えダイエットを取り入れるなど、ダイエットを追加する余地があるというのも嬉しいですね。

体調の変化

トマトジュースダイエットの結果、お腹がすっきりしてお肌の調子も良かったです

朝イチでお通じがあることが増えました。普段は起きてから2時間くらい後ですが、起きて30分しないうちにトイレに行きたくなりました。

しかも普段よりもしっかり出てる気がします。ちょっと重かった下腹部が軽くなったような感じです!

トマトジュースに含まれる食物繊維と、飲むことによって普段よりしっかり水分をとれていたのが大きそうです。

それと、オリーブオイルには胃酸を調整する作用があるのだとか。腸のぜん動運動を活性化させる働きもあり、整腸作用に優れているようです。

お肌の調子も悪くなかったです。リコピンには強い抗酸化作用があり、お肌の老化を防いでくれたりという効果もあるようです。短期間ですが、ビタミンをしっかり摂れたおかげもありそうです。

トマトジュースダイエットのやり方

やり方はとても簡単。トマトジュースを寝る前に一杯飲むだけです。目安は200ml。

トマトジュースダイエットの最大のメリットは、この「寝る前に飲むだけ」という点です。

家族と食事をするから置き換えが難しい、付き合いが多いから置き換えは無理という人でも毎日続けることができます。

しかも寝る前なので、家にストックしておけばOK。持ち運んだりという手間もありません。

ホットで飲んでリコピンの効果をアップ

ダイエットに効果があるといっても、寝る前に冷たいトマトジュースを飲むのはちょっと…というときもありますよね。寒い季節は飲む気にもなれないかもしれません。

なんとトマトジュースはホットで飲むと効果が上がるそうなんです!リコピンは加熱による仕様の損失がほぼありません。

体を冷やすこともなくなるので、できるだけホットで飲みたいですね。私もほとんどホットで飲んでいました。

さらにリコピンは脂溶性のため、油を加えることで吸収が良くなります。レンジでチンした後にオリーブオイルを少し回しかければバッチリ。

トマトジュースダイエットのポイント、オリーブオイル

だいたいスプーン一杯くらい。

温めたトマトジュースにオリーブオイルを入れると、ダイエット効果アップ!

これはおいしい…!

口当たりが柔らかくてなめらかです。酸味も少し和らいだかも。

粉チーズとブラックペッパーをかけたくなります…。オリーブオイルの風味が良くて、スープみたいな感じですね!

一日の食事例

トマトジュースダイエット中の食事をご紹介します

では、実際にトマトジュースダイエットをしている間の私の食事例をご紹介します。

朝食

トマトジュースダイエット中に食べた朝食例
  • レーズンパン(ちいさめ2枚)バター・ハチミツ
  • カレー
  • きゅうりのぬか漬け
  • コーヒー(ブラック)

昼食

トマトジュースダイエット中に食べた昼食、チーズ入りカレー
  • カレー(チーズ入り)

夕食

  • ご飯
  • 手作り餃子(7個くらい)
  • 菊芋のバターソテー
  • わかめと油揚げの味噌汁

私はだいたい平日5日間があっさりめの家食で、外食は週末にたまに行くくらいです。この週はあまり外食はしませんでした。

ただ家族が誕生日だったので、なんとショートケーキを当日夜・翌日朝&おやつと計3カットも食べることに…

ショートケーキを2日で3カット食べました

もう絶対太る!しょうがない!!と覚悟して食べたので、今回の結果には本当にびっくりでした。

ダイエット効果のある成分は?

トマトジュースダイエットのポイントは脂肪酸

トマトといえばリコピン。

リコピンとはカロチノイドの一種で、抗酸化力に優れています。なんと同じカロチノイドの仲間であるβカロチンの2倍、ビタミンEの900倍の抗酸化力があります。

さらに最近の研究で注目を浴びているのが「13-oxo-ODA」という脂肪酸です。

この脂肪酸には、脂肪を燃焼させる遺伝子を活性化させる働きがあるのだそうです。

エサにこの脂肪酸を混ぜたマウスは、4週間で血中脂肪濃度が30%ダウン、さらに直腸温度が0.5度アップ。

直腸温度が上がったということは、体温が上がった=基礎代謝が上がったということです。つまり痩せやすいカラダになるというわけですね。

一日にマウスに与えた脂肪酸の量は、人間に置き換えるとトマトジュース約600mlに相当するそうです。結構多いですね。

さすがに毎晩600ml飲むのは難しいですが、200mlでも一定の効果が期待できるかもしれません。

飲むタイミングが重要!

トマトジュースダイエットは、夜寝る前に飲むのがポイント

トマトジュースダイエットは「夜寝る前に飲む」のが重要になります。

寝ている間は成長ホルモンが活発になります。成長ホルモンは脂肪を燃焼させる効果があります。

トマトジュースに含まれる脂肪酸も、中性脂肪の分解を助ける働きがあります。

脂肪酸+成長ホルモンの相乗効果で脂肪をより燃焼しやすくするのです。

ちなみにリコピンなどの栄養素を吸収するには朝に飲むのがいいそうです。

健康目的で血圧を下げたり美白効果を期待したいときは朝、ダイエット目的で基礎代謝をアップさせたいときは夜、と上手に使い分けるのが重要なんですね。

トマトジュースの選び方

ではどんな基準でトマトジュースを選んだらいいでしょうか。実際に飲んで決めるのはもちろんですが、他にも見るべきポイントがいくつかあるので、チェックしていきましょう。

栄養分で選ぶ

今回のダイエットに効果があるのは、主に脂肪酸です。ですが栄養成分に表示されてないことがほとんど。単純計算ならトマトの濃度が高い方が脂肪酸が多いことになりそうですが、確証はありません。

ビタミンEやリコピンなど美容や健康に有効な成分も多いので、それで選ぶのも手です。一日のリコピンの摂取目安は15mg程度といわれているようです。

トマトジュースにはだいたいリコピンの量が書いてあるので、まずはここをチェックするといいでしょう。

とにかくリコピンが多い方がいい!という人にはデルモンテのリコピンリッチがおすすめです。通常のトマトジュースの約1.5倍のリコピンが含まれています。

トマトがメインで、他の野菜も含む野菜ジュースで他の栄養分も摂る、という方法もあります。

ですが実験では1日600ml相当のトマトジュースでの結果とあったので、トマト100%じゃなければその分効果は薄まってしまいそうですね。

味や飲み口で選ぶ

好きな味のトマトジュースを見つけて、美味しくダイエットを続ける!

毎日飲むならやはり味は重要です。

トマト自体の味、酸味の強さ、ドロッとしているかさらっとしているかなど、多くの要素があります。この辺は好みですね。

トマトは平気だけれどトマトジュースは苦手…という人は結構います。以前飲んだけどダメだったと、それきりの人も多いようです。

ですが、トマトジュースの味は種類によって全然違います!

このトマトジュースはダメだけど、こっちはおいしい!ということもあります。嫌い、我慢して飲む、という前にまずは飲み比べてみるといいでしょう。

塩分の有無で選ぶ

トマトジュースには塩分が添加されているものがあります。毎日飲むならなるべく無塩がいいでしょう。

ただ、トマトジュースが得意でないという人は、塩が入っている方が飲みやすいことも。無添加は確かに体には良さそうですが、えぐみなどを強く感じやすいようです。

また、夏など汗をかきやすい季節は塩入りもいいかもしれません。食事制限をしていると塩分が不足することもあるので、ライフスタイルに合わせてチョイスするのがいいですね。

トマトジュースには余計な塩分を排出してくれるカリウムが含まれているので、カリウムの値が高いトマトジュースを選ぶのもいいかもしれません。

コストで選ぶ

トマトジュースは意外と高いので、ダイエットとして続けるならコスト重視もアリ

意外と高いトマトジュース。コスト重視なら、伊藤園の「熟トマト」がおすすめです。ただ安い代わりに成分は他に比べると少なめ。

もともと短期集中でガッツリ痩せられるようなダイエットではないので、長く続けることが大切です。まとめ買いやセールを利用して、なるべくコストを抑えていきたいですね。

コストを抑えるとなると、ミニパックではなくペットボトルタイプになると思います。だいたい900ml入りであることが多いです。

缶や紙パックの飲みきりサイズでまず味を決め、amazonや楽天でケース買いするとコストを抑えられます。

通販のメリットはコストもありますが、運ばなくていいというのも大きいです。何本も買うとなるとかなり重いです。

味を比べるのに数本まとめて買いましたが、一つの袋にまとめて入れたら重くて大変でした。

トマトジュースの種類とコスト

では実際に私が飲んだ、比較的入手しやすいトマトジュースをいくつかご紹介します。味や飲み口は個人の感想になりますが、参考になれば嬉しいです!

カゴメトマトジュース 低塩

トマトジュースダイエットに使用した、カゴメトマトジュース低塩

味:スープのような、調理感のある味。酸味がややある。

飲み口:サラサラだが、ちょっとピューレ感あり。

低塩とありますが、酸味もあり全体的に味が濃い印象。オリーブオイルとの相性はよく、温めると酸味が気持ちまろやかになります。

口当たりは少しドロッとした感じが舌に触りますが、水分も多くすっと飲めます。あぁトマトジュースだなぁという感じです。

カゴメトマトジュース 食塩無添加

トマトジュースダイエットに使用した、カゴメトマトジュース食塩無添加

味:あっさり、さっぱり、みずみずしい。酸味は少なめ

飲み口:サラサラ・なめらか

全く塩気が無いので、スッキリみずみずしいトマトの風味がします。塩で際立たたせた甘さではなく、トマト本来の甘味だな~という感じ。

飲み口もかなりサラサラで、ドロッとしたのは得意じゃない人もさっぱりと飲めそうです。

トマトジュース初心者の人にもおすすめ。

デルモンテ トマトジュース

トマトジュースダイエットに使用した、デルモンテトマトジュース

味:酸味、甘味がしっかりしている

飲み口:ややドロっとしている・ピューレ感がある

カゴメに比べて甘めで、味がしっかりしている印象です。昔こんなトマトジュース飲んだな~という懐かしい味。

ホットで飲むとスープ感がかなり強くなります。おいしいとは思うのですが、お値段もちょっと高め。

デルモンテ リコピンリッチ

トマトジュースダイエットに使用した、デルモンテリコピンリッチ

味:濃厚、かなり甘め

飲み口:ドロドロ・ピューレ感強め

かなり特徴的な味がします。カゴメは生のトマトを感じる味でしたが、これはほとんど感じられません。

味はトマトの水煮缶に近いです。輸入の加熱用トマトの味ですね。甘味がかなり強いです。イタリアンレストランで出てくるトマトソースのパスタが好きなら、あまり抵抗はないかもしれません。

伊藤園 熟トマト

トマトジュースダイエットに使用した、伊藤園 熟トマト

味:あっさり、スッキリ、さっぱり

飲み口:ピューレは薄め。さらっとしている。

トマトを食べているような、スッキリした風味です。トマトジュース初心者なので不安…という人でも飲みやすいと思います。

濃厚な飲み口が好きな人だと、水っぽい、薄いと感じるかもしれません。

値段が安いのがポイントですが、そのかわり含まれている成分も少なめです。とりあえず始めたい、コストを抑えたいと考えている人にはおすすめ。

伊藤園 理想のトマト

トマトジュースダイエットに使用した、伊藤園 理想のトマト

味:まったり、うま味が強い。コクがある。

飲み口:ピューレ感あり。ドロッとしている。

ちょっと口に残る、独特の味があります。ホットにすると特にその味が目立ちます。トマト由来100%ですが、味の素やハイミーなど、うま味調味料の味が苦手な人はダメかも。

トマトの爽やかさみたいなものがあまりないので、酸味やスッキリした味が好きな人にはあまりおすすめできません。

逆に酸っぱいのが苦手という人にはいいかもしれないです。

まとめ

トマトジュースダイエットは脂肪酸の効果

トマトジュースダイエットのポイントは脂肪酸のようです。リコピンとばっかり思っていたので意外な発見でした。

トマトならではの成分なので、他のダイエット効果と重複しなさそうなのが嬉しいですね。

運動、置き換え、どんなダイエットをしている人でも、夜に一杯飲むだけ!今のライフスタイルを崩すことなくダイエットを効果をプラスできます。

さらに入手も簡単。チャレンジしたいと思ったらすぐ始められるのもいいですね。

ケーキを3カット食べた週に-1kgは驚きでした。食前ではなく寝る前なので、今日は食べてしまったな…というときに後から飲めるのがメリットでしょうか。

デメリットは、ひたすらトマト味なので飽きる。リコピンには特化しているが、他のビタミンやアミノ酸、カルシウムなどバランスよく栄養を摂れるわけではないということです。

そして簡単なのですが、トマトジュースは結構高い…オリーブオイルも地味に高いです。安売りしていたらストックしておいて、食べすぎた日に飲んでみようかな~という感じ。

トマトジュースはアレンジもあまりできないので、飽きないように間を空けて挑戦してみようかなと思います!